猫から見たK-POP

ガールグループ中心に思ったこと書いてます。

TWICE+BBクリーム=「LIKEY」

f:id:skykuroneko:20180119145505j:plain豆腐+カッコよさ=ダヒョン。

個人的にTWICEってどこか力をセーブしてるような印象があって、そこに距離を感じていました。私たちTWICEはこういう感じでいきますよ、というコンセプトをとても丁寧に「TT」や「CHEER UP」で表現したように見えて、KPop特有の迫力みたいなものをすぐには感じ取れなかった。

今ではそんなことはないと思えるんですが、トワイスの底力みたいなものを明確に感じたのがこの曲「LIKEY」でした。

それまではなんとなく見逃していたメンバーの個性と魅力が、ステージに引き込まれると同時に自然と浮かび上がってくる。そしてLIKEYで一番個性を爆発させたのがモモさんではないでしょうか。

つまり具体的に言うと「BBクリームパッパッパ~」のところ。

書いててなんだこの歌詞って思うんですが、ここの中毒性が凄い。モモさんの声質と相まって耳を乗っ取られる。「いぇっぷげ~」も凄い。

週間アイドルとかで訳の分からない大活躍を見せてたモモさんの、変な爆発力を持ったキャラがそのまま曲の中に持ち込まれたみたいで、これはすごいと思いました。

全体の動きが良く見えるVer.

ツウィさんのパートもシックで大人っぽく決まってるし、 メンバー全員でするおなじみのキャッチーなジェスチャーも健在。

あとツウィ・サナ、この二人の綺麗さは頭ひとつ抜けてる感じがします。特にサナさんは衣装もおしゃれで可愛い!

そして何より、今作がこれまでの曲と一線を画す要因は曲の後半。

ダヒョン・チェヨンが二手に分かれてラップを開始してからダヒョンの決めポース、モモのソロダンスパートと続いて、そして全員集合してエンディングになだれ込む一連の展開。この迫力……TWICEの雄叫びを聞く思いです。

この人達は、やろうと思えば普通にKPopアイドルの迫力が出せる。そんな当たり前のことを思い知らされた「Likey」でした。