猫から見たK-POP

ガールグループ中心に思ったこと書いてます。

赤頬思春期の日本初ライブ決定!その喜びと戸惑い。

2月28日(土)、Zepp Tokyoに決まったそうです。

現在韓国で最も支持されている、アイドルじゃないほうのKPOPを直接耳にすることができる貴重な機会です。

皆さんぜひお誘い合わせの上、ご覧になってはいかがでしょうか。

お二人とのハイタッチ会(アイドルっぽい)もあるそうです。これは行くしかない。

 

と同時に、正直申し上げて戸惑いも感じています。

私、「赤いほっぺ」派だったんです。

赤頬思春期が韓国で人気を得て、その存在が日本にも紹介されたとき、この独特なアーティスト名をどう呼ぶかで混乱が生じました。

ボルパルガンサジュンギとかボルパルガン思春期とか赤頬思春期あるいは頬赤思春期とかとにかく色々。

その中で自然だな、と思えたのが「赤いほっぺの思春期」でした。

名前として長いし、「ほっぺ」とは少し幼稚な感じもしますが、その響きがお二人のアーティストとしてのイメージと合ってるように思えたんです。

だからこのブログでもそう呼んでました。

そんな中で決まった「赤頬思春期」。

漢字が五つも並んでしまった。

筋肉少女帯みたい。

水滸伝の登場人物にも見える。

決して誤解しないで頂きたいのは、「赤頬思春期」という呼称に不満があるわけではないということです。決まったことですし、こういうことには率先して従っていきたい。

ただ、赤潮注意報に見間違えられたりしないかな。

先行販売は1月22日まで。良い席はお早めに!

 

※追記 ライブ行って来ました。

赤頬思春期と、新しいKPOPのある風景。 - 猫から見たK-POP

 

※追記2 訂正です。ずっと「赤頬思春期日本デビュー!その喜びと戸惑い」というタイトルにしてたんですが、今更ながら、正式なデビューが発表されてたわけではないことに気付きましたので、誤解を避けるために訂正いたします。