猫から見たK-POP

ガールグループ中心に思ったこと書いてます。

加速するDreamCatcher。「FullMoon」

DreamCatcherが先日の1月13日でデビュー一周年を迎え、記念のファンミーティングを開催したそうです。おめでとうございます

そこで初披露されたのが、ファンソング「FullMoon」。

 

リーダー・ジウさんの髪色が元に戻っていて嬉しいです。

ファンソングというのは韓国音楽界に特有の、歌手やアイドルがファンに対する日頃の感謝を込めて発表する曲だそうです。私は今回初めて知りました。有名な曲で言うと、IOIの「DownPour」もそのひとつだとか。

その「FullMoon」ですが、クールかつドラマチック、これまでの路線を継いだ素晴らしい完成度の曲です。でもこれでカムバックとならないのが驚き。

デジタルシングルとして発売はされるようですが、放送活動は行わないようなのです。

そして彼女達は二月にヨーロッパへ旅立つとのこと。またも海外ツアーです。この間ブラジルへ飛んだばかりなのに。

振り返ればDreamCatcher、こういう勢いで走り抜けてきた一年でした。

デビュー曲含めた三曲で旺盛な放送活動を行う一方、早々に日本デビューを果たし東京・大阪でライブ。さらには前述のワールドツアー。

スペシャルクリップと銘打たれた完成度の高いカバー曲をいくつもYOUTUBEで発表し、好評を得ていたのも印象的でした。

特に評判になったのがMaroon5の曲をカバーしたこの作品。

ダークメタルから一転して溌剌としたかっこよさに溢れたこの曲、何回も聞きました。ダミさんがいいとこ持ってく感じは「FullMoon」と一緒。

更にはオーディション番組「MIXNINE」にも出演して話題になりました。途中降板という形になりましたが、ジウさんを通してグループの名前が知られることに。

そして今回一周年を記念して「FullMoon」を発表、同時に3月のカムバックまでも予告しています。

年明け早々全力で走り出した感じのDreamCatcher。

「異色のガールズグループ」からそろそろ次の段階へ上りそうな気がします。