猫から見たK-POP

ガールグループ中心に思ったこと書いてます。

遠ざかる、OH MY GIRL。

 

※以下の記事には強い不満の表現が含まれています。そういった文章をご覧になりたくない方は閲覧をご遠慮下さい。

 

デビュー曲「cupid」から最新作「秘密庭園」まで、新曲ごとに表情は変わっても、OH MY GIRLのコンセプトは一貫してた。

神秘的かつ童話的で、それでいて溌剌とした少女像を持ち、繊細でキュートな正統派アイドルとしての道を、マイペースながら歩いてきた。

そしてメンバー離脱という危機を経験しながらも、「秘密庭園」でのデビュー3年目にして初の音楽番組1位獲得は、これ以上ない証明になったはずだった。自分達のやってきたことが正しかったということの。7人体制になってはじめてのカムバックで1位。それも二冠。これ以上ない再出発だった。そのはずだった。

秘密庭園の歌詞だって、ファンに対して静かな決意を表明したように聞こえた。私たちは7人になったけど、まだまだ見せていない姿を見せられるように頑張るから、これからも見守っていて欲しいと。歌詞と現実がリンクしたような、間違いなく感動的な瞬間だった。全てがうまくいき始めたと思った。

それが、

まさかの「バナナアレルギーモンキー」。

 

なんでバナナなのか、猿なのか、分からなかったし、今もわからない。メンバーがサルの格好してるんですよ。尻掻いてるんですよ。ふざけてるの? イントロが始まった途端の尻文字とか。正気か。バナナで頭殴られたような衝撃だった。ふざけてるように見えたし、馬鹿にされたように感じた。彼女達がこれまでどれだけ素晴らしいな姿を披露してきたかを考えれば、これがただの気難しいファンの独り言ではないと分かってもらえると思う。

3年かけて育ててきたコンセプト、一体なんだったんだよ。

WMエンターテイメントにとって「秘密庭園」での初の音楽番組二冠はなんの意味があったんだ。あの成果をどう受け取ったんだ。これまでの自分達の方針がやっと評価されたとは考えなかったのか? これまでのやり方が正しかったと確信したんじゃなかったのか? それともトロフィーがバナナの房にでも見えたのか? 

cupidやcloserで生まれた妖精がsecret gardenで遂に女神に生まれ変わったと思った。それくらいのカムバックだった。それがまさか、3ヶ月後には猿になって尻振ってるってどういうことだよ。違う。尻振らされてるんだ、ビニさん達が。なんだよこれ。

一時の気の迷いだと思って、忘れようとした。ただのユニット活動だって言うし、どうせすぐ終わるだろうと思ってた。案の定アレルギー患者の人達を馬鹿にしてるとか、幼児性を商品にしてるとかリアルな批判されてたけど、早々に活動を止めて、少し時間が経てばみんな許して忘れてくれるんじゃないかとか思ってた。

しかしこれが中々終わりやがらないんだ。結局2ヶ月近くは活動してたと思う。気は確かかよ。

でも、ようやく終わった。悪夢は終わったんだ。前を向こう。自分だって一度くらいのコンセプトの迷いなら、こんなに白目むいて騒いだりはしない。でもね。

まさかの、猿での日本デビュー決定。

 

次から次へとデビューするアイドルグループ、競争はますます熾烈になり、KPOPの世界でひとつのアイドルに与えられる時間はどんどん短くなってる。次に出番が回ってくる保証はない。一つのミスが致命傷になりかねない。WMエンタみたいな中小事務所にとってはなおのこと。

今年に入ってからも次々と有望株がデビューしてる。いきなり1位とか獲ったりしてる。しかもこれからだってどんどん新しいグループが来る。JYP、YG、FNC。PRODUCE48だってある。

おまごるは2015年デビューの3年目。もうほとんど折り返し地点。アイドルグループの契約期間は通常7年だけど、実質的には6年くらいで活動は鈍るし、それだって順調に活動できればの話。

そう、順調に活動できれば。

おまごるがこれまで積み上げてきたイメージとコンセプトが大きく動揺してる。前向いて歩かないといけないのに、いきなりバグって尻尾が生えてきた。

これは日本でのユニットデビューであって、正式デビューではないという。でも7人全員いるじゃないか。これは実質的な日本デビューだ。そして初めて日本で正式に披露する姿が、妖精でも女神でも溌剌とした少女でもなく「猿」。

OHMYGIRLは可愛いけど、こんなふざけたことをして人気を集めてきたアイドルじゃない。

そもそも日本デビューがユニットっていうのがおかしい。初めておまごるを見て、グループ名がOHMYGIRL BANHANAだとかややこしい勘違いする人が出たらどうする? こんな変なコスプレで人目を惹きたがるグループだと誤解されたら?

本当に、なにからなにまでおかしい。

厄介なのは、事務所が猿での日本デビューを決めたということは、彼らがこのコンセプトを肯定的に考えているらしいということ。あれだけ批判されたのに。

しかも聞くところによれば、このバナナアレルギーモンキー、作詞作曲から編曲までを、おまごるのこれまでの全てのアルバム製作を手がけたWMの中心的な人物が行ったという。

あたまがいたい。

日本デビューは成功して欲しい。それがどんな形であっても。でも成功した次の瞬間には、皆がバナナのことを忘れてくれないかと願ってる。

いつになるかは分からないけど、次のカムバックには当然期待してます。でも、なんだろう、色々と取り返しがつかなくなりそうで戸惑ってる。

今までOH MY GIRLに対して抱いていたイメージがぐらついてる。CLOSERやSECRET GARDENのステージに、いきなり猿の着ぐるみが乱入してバナナばら撒き始めても、もう驚けない。

OH MY GIRLだけの端正な物語が崩れつつある。壊したのは誰?