猫から見たK-POP

ガールグループ中心に思ったこと書いてます。

GFRIENDの旋律が日本に響く。「Memoria」

お菓子メーカーとのコラボにより「GFRIEND監修・ポテトチップス、パワフルプルコギ味」が発売決定という、おもしろいニュースが記憶に新しいGFRIEND。

5月にベスト盤で日本デビューした彼女達が、TWICE・レッベルに続いて遂に日本オリジナル曲「Memoria」を発表しました。

www.youtube.com

世界はロマンチックなものだと信じていた頃の、懐かしい風景が思い出されるようなこの曲は、GFRIENDが韓国で表現してきた魅力が丁寧に翻訳されたような仕上がりになっています。

開始6秒でその世界の全貌が目の前に広がり、ユジュ&ウナのボーカルラインが華麗に並走しながらエンディングを導くまで一貫して美しい。劇的で切ないメロディと、思い出の中でたどる愛の歌詞が、特有の疾走感と飛翔感に包まれてGFRIENDだけのドラマを表現してると思います。

GFRIENDがどういうアイドルなのか、どのような美と個性を表現できるグループなのかをはっきりと日本語で宣言したといえるオリジナル曲です。

  f:id:skykuroneko:20180921200652j:plain

黒髪とブロンドを使い分けがちなシンビさん。怪訝な表情がアイドル界で一番似合うとか。

f:id:skykuroneko:20180921200818j:plain

「Memoria」の世界を歌唱力で引っ張るユジュさん。彼女の声はGFRIENDを特別なものにしている重要なひとつ。

f:id:skykuroneko:20180921202759j:plain

ソウォンさんの「世界が終わる、そんな日が来る、そんな想像してみて」のパート、きちんと発音して歌おうと感じられるところがとてもかわいい。

f:id:skykuroneko:20180921202948j:plain

普通にしてると人形のような美しさが表れるイェリンさん。ビジュアル面だけではなくボーカルの面でも存在感を発揮してます。

f:id:skykuroneko:20180921204613j:plain

f:id:skykuroneko:20180921204627j:plain

メガネかけなくても、帽子を被っただけでアラレちゃん感が出るオムジさん。今作でのパートは多くないですが、MVの中では絵筆を手にした姿が一番印象に残ります。

f:id:skykuroneko:20180921204822j:plain

華奢で透明感を感じさせる高音は、ユジュさんとは違うボーカルの魅力をはっきりと表現していて、「Memoria」 に澄んだ表情を加えています。

 

それにしてもポテチと「清純派」KPopアイドルのコラボには意表を突かれました。日本デビューから間もない女子アイドルが、「わさビーフ」のところとコラボ。

例えば、どうしても比較せざるを得ないトワイスやレッベルなんかは、おしゃれアパレルだったりスニーカーブランドだったりと組んでる中での、パワフルプルコギ味。

パフォーマンスを通して表現される感動的で真っ直ぐなアイドル像と、そこを離れたところで自分達を紹介するやり方のギャップ。この感じ、正直嫌いじゃない。

きっと、変にかっこつけたり気取って見せたりするのは柄じゃないという自分達の個性を冷静に考えた上でのことなんでしょう。前にも似たようなことを書いたことがあるんですが、プロモーションのやり方にもそれぞれのグループの違いが出て面白いと思いました。そしてヨチンにはこういう歩き方が合っているんだと感じます。

※2018.09.26追記

WEGOとのコラボが決まったそうです。なんか馬鹿にしたようなことを書いてしまい、申し訳ない気持ちです。

news.kstyle.com

それにしてもパワフルプルコギ味ってなんだろうという疑問は消えませんが、これは食べて解決するほかない。10月から全国のローソンで発売だそうです。

そして、「夜(Time for the moon night)」の日本語版も収録された肝心のファーストシングルは10月8日にリリース。

オリジナル曲の出来栄えがそのグループの日本での本気度の指標になるとすれば、今回のGFRIEND「Memoria」は先行するTWICE・レッベルに負けない完成度と気迫を見せる結果になったと思います。