猫から見たK-POP

ガールグループ中心に思ったこと書いてます。

今さらの日プ雑感

微妙に出遅れてしまった感がありますが、先日JO1の誕生をもって無事に終了したPRODUCE101 JAPANの感想です。特に推しを決めて見ていたわけではなかったので、多少ざっくりした内容になってます。

 

  

日プはプデュだった

まずはともかく、日本でもPRODUCEが成立するんだということが証明されたことが、KPopファンとしてはとても意義深く感じました。 

アイドルというカテゴリーがあまりに多種多様な表現を含んでいる日本では、歌やダンススキルがとにかく必須というわけではないので、当然志望する人達の段階でも韓国における練習生のような、ある程度の能力を保った参加者の母体が想像できなかった。

でも韓国で生まれたPRODUCEシリーズの醍醐味は、まさにスキルと夢の両方を持った練習生がアイドルデビューという限られた成功を目指す姿なので、日プにおいてはその大事な主役がイメージ出来ず、製作発表のニュースを聞いたときには正直番組の成功について疑念のようなものがありました。

でも終わってみればご覧のとおり、日プはPRODUCEの日本版として無事にフィナーレを迎えることができた。

振り返ってみると、そもそも「ツカメ」の大きなステージが公開された段階で「これはプデュだ」と気付かされ、その時点で疑念はほとんど晴れていた気がします。

www.youtube.com

プデュ恒例のいわゆる「pick me」ソングとして、純粋に曲の完成度でナヤナを超して2位となる素晴らしさだったと思いますが(自分調べ。1位はネッコヤ)、この曲を聴いて本当に日本でもプデュをやろうとしているんだなという覚悟と真剣さを画面の向こうから受けとった気がしました。

参加者の不安と葛藤、それを乗り越えて立つ舞台での輝き、そして当落という明暗を通してPRODUCE特有の光景を日本でも再現できたことは、参加者だけでなく関わった人達全員のエネルギーと努力、そして改めてこのプログラムが持つアイドルサバイバルオーディションとしての力を証明することにもなったと思います。

それに加えてプデュを日本で踏襲することで初めて感じる面白さもありました。

言うまでもなく「PRODUCE」シリーズは韓国で作り上げられた番組で、その内容には向こうの人達が考える価値観のようなものが自然と織り込まれている。

それは例えば合宿生活だけでなく、きっちり進行していく番組全体から感じる折り目正しさ、個々人に求められる礼儀正しさと、視聴者(国民プロデューサー)を立てる謙虚さなどに表れていたと思います。

これらは普段、日本のテレビなどに映し出される現代的な若者イメージからは距離を感じる要素で、それだけにプデュと日本人という組み合わせは良い意味での新鮮な違和感を生んでました。

それでも、ひたむきな努力をためらいなく肯定していく映像には国籍を問わない共通の王道感が溢れていて、やがて全ての要素がKPopサウンドに彩られたステージの上に収束していく展開はさすがに見応えがありました。

日プはPRODUCEが日本に来るとどうなるのか、という期待に対して十分に応えてくれた番組、まさしくプデュだったと思います。

 

悔いを残した騒動

プデュといえば当然選ばれるだろうという人がまさか落選してしまうという展開がある種の醍醐味で、その光景は日プ最終回でも繰り返されていました。

ただ今回、そうしたものとはまた違う驚きをもたらしたメンバー脱落劇が、韓国人参加者3名の棄権というニュースでした。

「PRODUCE 101 JAPAN」出演の練習生キム・ヒチョン、番組からの辞退を発表「本人の意向を尊重」(公式) - ENTERTAINMENT - 韓流・韓国芸能ニュースはKstyle

放送終盤まで人気上位を保ち、デビューの本命と見られていた3人が突然姿を消すことになった理由としては、韓国人としての将来的な兵役義務とJO1としての活動との関係に対する懸念や、もしくはそれを口実にしたSNS上での誹謗中傷等であると予想されていますが、真相は分かりません。

個人的にはこの一件、プデュ48のように最初から日韓合同を謳った番組ではなかったために、国プのコンセンサスが出来上がっていない状況下で起きた不幸な展開だったと、いちおう理解しています。

ただそうは言っても、KPopアイドルとしての力を見せつつ人気を得ていた3名が、本人が責められるべきでない理由で失意のうちに番組を去ることになったという光景には理不尽さを感じてしまう。

この件は全ての事情が明らかになっているわけではないので、どう考えるべきかよく分からない点も多い。

でも私は一番肝心な点として、番組側は準備段階から本当に日韓両国のメンバーからなるJO1を構想していたのだと想像しています。

というのも、あれだけのルックスとスキルを持つKPopアイドルを参加させれば上位に行くことは自分みたいな素人にも簡単に予想できることで、しかも競争の舞台となるのは日本で行われるとはいえ韓国生まれのPRODUCEというプログラム。

つまりKPop感度の高い人たちが視聴者(そして国プ)を形成するだろうし、従って日本人参加者に混じって韓国出身者がいる光景を違和感なく受け入れてくれるに違いないと見込んだとしても特に不思議はありません。

一方で、日本の地上波のゴールデンタイムで華々しく誕生するボーイグループが日韓合同だったとしたら、その事実が与える意義とインパクトは大きなものになることも想定されます。

そして今の日本の世相を考えると、その反響が全て好意的なものであるとは限らず、そこから生まれる悪影響に対する懸念も想定できる。

それでも女子を中心にした日本国内のKPop人気には、もはや揺ぎ無いものがあり、運営としては多少の異論は予想しつつも日韓メンバーからなるJO1が誕生する環境は整っていると考えたのではないかと、私は想像しています。

ところが現実はそうならなかった。

今となっては、本当に応募資格に関する疑問や兵役義務がJO1に与える影響が問題にされたのか、それともとりあえず韓国人メンバーを追い落とすための口実としてこうした事項が取り上げられたのか、真相は分かりません。

あるいは事務所との契約が終了していたとはいえ、ほぼ現役のKPopアイドルが半ば素人である日本人に混じって参加してしまう事をアンバランスに感じる視点もありえただろうし、加えてプデュというシステムが煽る国プ同士の競争意識の過熱も関係したのかもしれない。

結果としてこうした諸々の要素が、当初製作サイドが描いていたJO1の完成予想図に大きく変更を迫る事になったのではと考えています。

以上の事は私の予想ですが一つだけ確かなのは、この一件が大成功に終わった日プという玉に付いた瑕になったということだと思います。

 

何はともあれ、プデュでの一連のオリジナル曲で見せた堂々とした姿から、JO1の将来はきっと明るいものになると想像される一方、惜しくも外れてしまった人達も新しい舞台を諦めないでほしいなと思います。

そしてPRODUCE101 JAPANの成功を見てしまった今、当然このブログ的には日プの女子版も期待してしまうんですが、韓国のCJENMと日本の吉本興業が組んだ男子と違い、そういえば女子の場合は既にAKSと組んでいたんだっけ、という事実を思い出し、こっちにはこっちの難しさがあることを予感しています。

さてPRODUCEシリーズといえば周知の通り、発祥の地である韓国では投票数操作問題でもはや風前の灯。

しかしすでにそのフォーマットは海を越え、例えば中国ではパクリ番組の方も含めて相変わらず大盛況のようで、私の応援してるグループからも中国人メンバーが新シーズンに参加するために一時離脱したりしてます。

果たして巨大な三角形の上でアイドルへの夢が一斉に輝く光景は韓国から世界へ飛び出し、ここ日本でもこれから続いていくのか、気になるところです。

www.youtube.com