猫から見たK-POP

ガールグループ中心に思ったこと書いてます。

PRODUCE48

2019年へ向けて活発化する、TWICE世代のKPop(女子)

早いものでもうすぐ12月。 私はずっと日本のテレビを中心に振り撒かれる年末特有の空騒ぎ感が苦手だったんですが、KPop好きになってからは向こうで開かれる年末恒例の授賞式とか、大型音楽番組が楽しみになってきて、そのおかげでだいぶ救われた気持ちになっ…

ネッコヤの残響の中で プロデュース48、終幕

アイドルを目指す少女達の100日にわたる美しくも熾烈な戦いは、とても見ごたえがありました。 試練の場を彩ったのは日本と韓国の有名曲のみならず、数々の洋楽のヒット曲のアレンジ、さらに番組終盤になればKPop界を代表する有名作曲家チームによるオリジナ…

もうひとつの美しい最終回。プデュ48、8.23エムカ出演

IZone(アイズワン)の誕生と共に幕を下ろしたプロデュース48。 ちょうど思い出を振り返るみたいなタイミングになってしまいましたが、今更プデュのみんながエムカに出演した8月23日の放送についての感想を書き残しておきたいと思います。 タイトルにもしま…

プロデュース48、第8回。卒業式みたいな雰囲気でした

12ってこんなに少ない数字だったかと驚きます。 27名の放出者と30名の合格者が決まった第8回目の放送は、印象深い姿を見せていたメンバー達が一斉に脱落することが決まり、最後のレッスンを終えてコーチ陣と挨拶を交わすなど、「別れ」という言葉を強く印象…

PRODUCE48、もう12人では収まらない模様

シーズン1にも2にも無かったプロデュース48だけの特徴といえば、それは日本のアイドルの参加。第一回放送での刺激的なフォーカスのされ方から、プロデュース新シリーズの重要な鍵を握ると印象付けられた新要素です。 放送は折り返し地点を過ぎ、もうすぐ…

PRODUCE48、第5回を終える

前半の山場を迎えたプロデュース48、先日の第5回放送で4割近い参加者が脱落することが決定しました。といっても特に意外性のある展開などはなく、よくカメラに映っていた子は残り、あまり印象に残らなかった人が去るという自然な結果に。 現在のトップ4…

凍てつく空気、落ちる涙「PRODUCE48」ついに初放送

日韓アイドルの合同サバイバルという、前代未聞の番組内容で放送前から話題を集めていた「PRODUCE48」。 ついに第一回目の放送を迎えたことで、番組の全体的な方向性がようやく明らかにされました。ある程度予想はしていたけれど、ここまでやるのか、という…

PRODUCE48から将来のスター候補を探す

気になった参加者を10名、韓国側からのみ(あと中国から)、選んでみました。 決してルックスだけで選ぶようなことはしたくないと考えていましたが、結果としてルックスだけで選んだような顔ぶれになってしまいました。 全部で100人近い参加者のなかから恣…