猫から見たK-POP

ガールグループ中心に思ったこと書いてます。

CLASS:yのスタート。「SHUT DOWN」

5月5日にファーストミニアルバム「CLASS IS OVER」を発表して、タイトル曲「SHUT DOWN」で本格的な音楽活動を開始したCLASS:y(クラッシー)。所属事務所のM25は事実上、過去にティアラやDIAを輩出した実績を持つMBKということで、音楽のクオリティとパフォ…

とある復活、ひとつの理想。最近のKPop

最近KPopを聴いていて、タイトル曲だけでなくアルバム全体で良いなと思えることが続いている。なのでこの記事ではアルバムの収録曲を中心にVIVIZ、DREAMCATCHER、PURPLEKISSという特に気になった3組のカムバを振り返った。 VIVIZ「Beam Of Prism」 現在エム…

息を止めて跳べ。IVE「LOVE DIVE」

IVE

昨年12月の「ELEVEN」による華々しいデビューの記憶がいまだ鮮明なIVEが4月5日に「LOVE DIVE」で戻って来た。 www.youtube.com 題名や歌詞から伝わるものを言葉通りに受け取るなら、これは恋愛において一歩踏み出す勇気を歌った曲のはずなのに、その全体が醸…

Weeeklyについていく。「Ven para」

1年前の今頃に公開されたWeeekly「After School」の公式MV再生回数が1億2000万を超えてた。大手に所属しているわけでもない新人アイドルが記録した数字としては破格かもしれないけれど、「After School」はそれくらい反応があって良い曲だと思うので驚かない…

若さゆえに。STAYC「Young Luv」

STAYCと言えばその音楽だけでなくメンバーの高いボーカルスキルや華やかさも注目されて、中小事務所の新人グループながらデビュー以来とても順調な活動を続けてきた。2月21日発売になった4枚目のCD「YOUNG-LUV.COM」も、STAYCがそうして得てきた高い評価をア…

年明けのKPop。Kep1er、Woo! Ah!そしてFromis-9

もう2月も後半ということで少し前の話題になってしまうけど、2022年1月の印象に残った3組のグループについて振り返る記事です。 Kep1er「WA DA DA」 大型オーディション番組「Girls Planet 999」から誕生したKep1erはデビュー曲「WA DA DA」で音楽番組1位を…

2021→2022年、世代の変り目に思う

KPopを追いかけていて感じる面白さのひとつに、アイドルを世代でひとまとめに出来るということがある。韓国のアイドルは契約の関係で長くても7年程度の活動期間に留まることが多く、様々な会社から次々と生まれるグループのデビューと解散のタイミングがなん…

完成型が残す余地。IVE「ELEVEN」

IVE

12月1日に「ELEVEN」でデビューしたIVEが期待に違わない活躍を見せている。ガールグループとしてのデビューアルバム初動販売数で歴代一位、さらにデビュー七日後の音楽番組一位獲得も女子で歴代最速、そして主要音源チャートでも上位を維持することで、ここ…

黎明に広げる翼。PIXY「Addicted」

KPopについて喋りたいことがある時にこのブログを更新してきた。その中身は感想だったり批判だったりと様々だけど、でも自分が一番望んでいるのはKPopならではの素晴らしい舞台に触れたときに受ける感銘を言葉にすること。そんな機会は稀だったけど、元はと…

「放課後のときめき」予習

KPopファンとして物心ついた時からプデュ以外に公募型アイドルオーディション番組の成功を知らないので、あれとはまた違う可能性を見せてくれるかも、ということで楽しみにしてるのが11月28日に放送開始予定の「放課後のときめき」。 news.kstyle.com 韓国の…

追憶のガルプラ

「Girls Planet 999」、通称ガルプラが終わって一週間過ぎた。区切りとなる記事を書いてそれで終わりのつもりだったけど、時間が経つごとにガルプラはとにかく難しかった、という感覚が疲労感と共に残っているのに気付いた。参加者はみんな魅力的で、彼女達…

ガルプラが終わった

大規模サバイバルオーディション番組「Girls Planet 999」が韓日中からなる9人組ガールグループ「Kep1er」を結成して、終わった。 前作と呼べる3年前の「PRODUCE48」の時と比べて参加者の国籍が2から3に増え、その分だけ意思疎通の難しさなど困難も増すだ…

JYPのたましい

8月に日本デビューしたRocket Punchの可愛らしい「Lets Dance」、そこで歌われる日本語がとても流ちょうで素晴らしく、印象に残った。本国活動とは少し違ってロケパンのかわいい部分だけを抽出したみたいな日本向けの姿も良かった。 スムーズな日本語で歌うK…

ヨジャチングの面影へ

OH MY GIRL「CLOSER」が自分とKPopの出会いだったと、ブログの第一回に書いた。しかし改めて当時を思い返すと、ほとんど時を同じくしてGFRIEND「ROUGH」にも強く惹かれていた覚えがある。厳密な経緯はともかく、彼女達が自分とKPopの始まりを彩った二組だっ…

KPopの栄光と葛藤。「K-POP Evolution」

古くて新しいKPopの歴史にまつわる光と影を、当事者の証言も交えながら生き生きと伝えるYOUTUBEオリジナル作品「K-POP Evolution」。今年の春頃に公開されてたらしいこのドキュメンタリを最近になって見てみた。KPopを追いかけ始めて4年程度の自分には、ソテ…

サバイバルに至る理由

「Girls Planet 999」に参加した99名の多くは、すでに芸能活動経験があるという共通した特徴がある。その中でも特に現在アイドルグループに籍を置いたままの人達からは、このタイミングで参加せざるを得なかった葛藤のようなものが垣間見える。 そうした背景…

ガルプラが始まる

来月8月6日の放送開始を控える韓国発のグローバル・ガールグループオーディション番組「Girls Planet 999」のシグナルソング「O.O.O」が先日リリースされた。躍動感にあふれた音楽は物語の始まりを予感させ、同時に公開された99名の参加者による舞台も華やか…

これはロックかもしれない。TXT「0X1=LOVESONG (I Know I Love You) feat. Seori」

KPopアイドルについてのブログを始めてから気づいたのが、自分はアイドルにも音楽にも詳しくないということだった。普通に考えるとこれは、音楽とは切り離せないアイドルについてのブログを書くにあたって致命的な問題のような気がする。 でも最初からそれを…

なんか特別だった最近のKPop

KPopアイドルのカムバ日程がどんな理由で決められるのかよく知らないけど、5月から6月にかけては自分が推してるグループの新曲リリースが驚くほど重なっていて、まるで何かのイベント月間みたいだった。以下はそんな中から特に気になったグループ4組について…

猫から見たIZ*ONE

幕は下りて、主役は去った。 場内に点いた灯りが観客に退場を促すように、KPopの活況を伝えるニュースは今日も賑やか世界中を覆っている。でも自分はもうしばらくここに座っている。まだ思い出すことがある。それに2年半近くもここにいたんだから、もう少し…

ふつうの新人グループに見るKPopの魅力

もうすぐ4月も終わりですが、2021年の今年はガールグループを巡って色々と大きな動きが予想されています。ビッヒ系の事務所からは複数のグループがデビュー予定との噂で、エムネは何事もなかったかのように新しいオーディション番組の放送を予定していて、更…

とあるWIZONE、ラスコンをめぐる断章

ラストコンサートが終わって3日。まだ衝撃の余韻から抜け出せない。 3月10日、いきなり運営元から延期無しでの4月中の活動終了が発表され、その4日後のコンサートの中でIZONEは涙ながらにファンへ別れを告げた。日付はまだ3月14日だった。 更に3日たって今は…

一年の終わりに

年の瀬にふと思い返してみると、本来なら今年はfromis-9や宇宙少女のライブを見に行くはずだったし、Rocket Punchだって来日してた可能性は高いし、何よりIZONEも大きなコンサートやっていたはず。そう考えると現実の2020年は通常のアルバムリリースやオンラ…

エンドロールにはまだ早い。IZ*ONE「Panorama」

韓国の大人気オーディション番組を通じて、二年半という活動期間のグループとして結成された韓日合同KPopガールグループ・IZONE。デビュー以来加速する人気の中で先頃二周年を迎えた彼女達の、5枚目のアルバムとなる「One-reeler Act Ⅳ」が12月7日にリリース…

嵐の後でも

先月11月18日、オーディション番組「PRODUCE」における順位操作対象者の実名公表というソウル高裁の思い切った行動が韓国メディアを揺り動かした。あれからしばらく経ち、事態はもう落ち着きを取り戻しつつある。芸能ニュースサイトは新しい話題を追い始め、…

IZ*ONEの二年とこれから

先日10月29日、IZONEが結成2周年を迎えた。普通のグループだったらデビューからこれまでの日々をお祝いの言葉と共に振り返るところだけれど、彼女達はあと半年で解散する予定になっている。最初からそのような触れ込みだったとはいえ、解散が現実的な日程と…

「FIESTA」日本語版で深まる葛藤

夢から目覚めた主人公は決意と共に窓を開け、太陽が照らす空の下、自分という季節の到来を告げる祝祭の中へと、花咲く道を歩き出す。 IZONEのメンバーである宮脇さん自身が作詞を手掛けた「FIESTA_Japanese Ver.」は、韓国語で歌われた原曲が持つイメージだ…

ITZYにGFRIENDにfromis-9、それぞれの現在地

気付けば今年も残すところ3か月。この記事ではITZYにGFRIENDそしてfromis-9と、話題としては少し遅いけれど、ここ数カ月の見過ごせないカムバについて振り返ろうと思います。 まずは8月に発表されていた「Not Shy」がとても良かったITZY。 www.youtube.com …

銀幕のIZ*ONE。「EYES ON ME:THE MOVIE」

日本で行われたコンサートは実際に見に行ったけれど、映画はとても新鮮な気持ちで見れた。3回見た。リアルでは座席が僻地だったこともあり、劇場で見て初めてこんなことになっていたのかと気付かされることも多かった。 というか単純に映画館の大画面にIZONE…

fromis_9を待ちながら

前作「Fun Factory」から一年二カ月も経つのにfromis_9の新曲が出ない。 その理由を考えてみると、CJENMという運営母体が陥ったプデュ騒動による混乱の影響や、プロデュースを担当してたプレディスが離れたことによる組織の空白、加えてコロナ禍によるスケジ…