猫から見たK-POP

ガールグループ中心に思ったこと書いてます。

「FIESTA」日本語版で深まる葛藤

夢から目覚めた主人公は決意と共に窓を開け、太陽が照らす空の下、自分という季節の到来を告げる祝祭の中へと、花咲く道を歩き出す。 IZONEのメンバーである宮脇さん自身が作詞を手掛けた「FIESTA_Japanese Ver.」は、韓国語で歌われた原曲が持つイメージだ…

ITZYにGFRIENDにfromis-9、それぞれの現在地

気付けば今年も残すところ3か月。この記事ではITZYにGFRIENDそしてfromis-9と、話題としては少し遅いけれど、ここ数カ月の見過ごせないカムバについて振り返ろうと思います。 まずは8月に発表されていた「Not Shy」がとても良かったITZY。 www.youtube.com …

銀幕のIZ*ONE。「EYES ON ME:THE MOVIE」

日本で行われたコンサートは実際に見に行ったけれど、映画はとても新鮮な気持ちで見れた。3回見た。リアルでは座席が僻地だったこともあり、劇場で見て初めてこんなことになっていたのかと気付かされることも多かった。 というか単純に映画館の大画面にIZONE…

fromis_9を待ちながら

前作「Fun Factory」から一年二カ月も経つのにfromis_9の新曲が出ない。 その理由を考えてみると、CJENMという運営母体が陥ったプデュ騒動による混乱の影響や、プロデュースを担当してたプレディスが離れたことによる組織の空白、加えてコロナ禍によるスケジ…

自分をKPopへと繋げたもの

人がアイドルにはまる時は穴に落ちるように突然だという。 そんな瞬間の不思議さを感激と共に言葉にする人は多く、他でもない自分自身このブログの初回でそのような話を書いた。つまりあれもよくあるパターンの一つだったのかもしれない。 しかしブログを始…

JYPと私たち

Nizi Projectから選ばれた9人でデビューの決まったNiziU、正確にはまだプレデビューの段階にもかかわらず物凄い反響のようで、昨年からのJO1の人気なども思い出すと日本のKPopシーンが新しいフェーズに入ったような、そんな気がします。 Nizi Project大成功 …

IZ*ONE「幻想童話」が記す決意

始まりから、何かがおかしかった。 といってもそれはMVを巡る一連のトラブルのことでもなければ、手元に届いたアルバム「Oneiric Diary」のフォトブックが、表紙を開いたらいきなり最後のページから始まっていたというダイナミックな製本ミスのことでもない…

音から見たKPop

先日、なんとなく公園少女「BAZOOKA」の公式の解説を読んでいると「エレクトロポップ」というジャンル名を見つけたので調べてみたら、代表的なアーティストとしてダフトパンクが挙げられていて、おやと思いました。 ダフトパンクなら知ってる。 www.youtube.…