猫から見たK-POP

ガールグループ中心に思ったこと書いてます。

猫から見た「IZ*ONE」

ちょうど昨年の今頃、2017年12月に横浜で開催されたエムネット・アジア・ミュージック・アワード(MAMA)で「PRODUCE48」の電撃的な製作発表が行われてから1年。夏に放送された番組を通して選ばれた12名は先頃10月末、日韓混成アイドルグループ・IZ*ONEとし…

2019年へ向けて活発化する、TWICE世代のKPop(女子)

早いものでもうすぐ12月。 私はずっと日本のテレビを中心に振り撒かれる年末特有の空騒ぎ感が苦手だったんですが、KPop好きになってからは向こうで開かれる年末恒例の授賞式とか、大型音楽番組が楽しみになってきて、そのおかげでだいぶ救われた気持ちになっ…

越境するKPop、K/DA「POP/STARS」

少し前の話題になってしまいましたが、アイドゥルのソヨンさんがカッコいいことになってたK/DAの話です。 さる11月3日に韓国で行われたeSPORTSの世界大会決勝で突如お披露目されたのが、韓国とアメリカの若手アイドル・ミュージシャン4名によるスペシャルコ…

とても複雑で特別なもの、KPop

日本のファンに向かって素晴らしい舞台を披露してくれて、懸命に日本語で呼びかけてくれて、キラキラした笑顔やハートを送ってくれる。 そんな幸せな時間と空間を作り出すKpopアイドルを眩しく眺めながら、普段から思うことはあった。 こっちは日本人で向こ…

ブログが一周年なので好きなアイドルを語る

アイドルが可愛いのでブログを書こう、という思い付きから始まったこの「猫から見たK-POP」が、いつの間にか開設から1年が経過していました。 そんなぼんやりした理由で始めたブログがよく1年も持ったな、というのが正直な感想です。でもKPop業界っていつも…

ある噂と、消えたひとつの可能性

アイズワンのデビューに小さな影を落とし、CLCからは飛躍の機会が奪われたかもしれないという二つの意味において、今回の騒動は本当につらい。 IZ*ONEのラヴィアンローズ、前の記事に書いたとおり私は大好きです。 でも今回の降って湧いたような「ラヴィアン…

バラの花冠は女王の証。IZ*ONE「La Vie en Rose」

抑制と高揚、淡白と芳醇、抱擁と平手打ち。 相対する感覚を自在に操ってみせるかのようなIZ*ONE「La Vie en Rose」は、KPopの最先端に狙いを定めた優れた楽曲と高度なダンスパフォーマンスがあるべき一点で火花を散らしたような、圧倒的なデビューだった。 w…

IZ*ONE前夜に思う

プロデュース48は本当に面倒な事をしてくれた、という気持ちが少しある。 アイドルという文化を好きになりブログを始めるまでになったけど、私の対象はあくまでお隣韓国の、いわば外国の音楽としてのKPopだった。 洋楽好きと邦楽好きが意識せずに住み分ける…